Tag: Umeboshi portrait

KMS(神山メイカースペース)の背景と代表を務めるあべさやかの自己紹介 No1.

KMS(神山メイカースペース)ってナニ~?何ができるの~?あべさんて何の人なん?などなど、KMSはについて沢山の疑問を持たれている方が多く見えると思います。そこで今日はKMSの生い立ち、それから代表を務めさせていただいている私、あべさやかの自己紹介をちょいと失礼します。

私は三重県出身、多摩美術大学で工芸を勉強し、そして美術の発祥の地のヨーロッパで美術がどうなっているのか身を持って勉強するためにオランダという国を選び、美術大学ヘリットリートフェルト、その後文化庁新進芸術家海外研修員としてサンドベルグ大学院にて応用美術修士をとりました。卒業後アーティストとしてオランダ、日本、その他様々な国へ出向き、で聞き取りベースに作品制作、発表それからワークショップ等を行ってきました。こんなことをしています→サイトです。

約12年間の中で、特に面白いと思ったことは、ヨーロッパでのアーティストの立ち位置です。アートも一つの立派な職業で、社会の中での立場や役割がギャラリーや美術館へ飾られるだけでなく、教育、都市計画、人権問題の解決など様々です。そのため色々な職業の方と協働しながら、他の分野では届きにくい部分へヒントやきっかけ作りをします。私もアートや文化を通して、まちづくりのきっかけ作りや人と人の顔が見える関係性の中でアートを生かした仕事をしていきたいと思いました。

そんな中、2013年、神山アーティストインレジデンスへ呼んでいただき、4ヶ月滞在製作しました。旦那の仕事が世界中でドキュメンタリーを撮影、編集する仕事の関係と旅好きな私たちで、また自身のプロジェクトでも世界中のあっちこっち行っているのですが、なぜか神山に惹かれました。

なんでろう?

一人一人がとっても個性的で、なんだかすごく元気。そして色々なことへ興味を持たれている。作品の中で聞き取りやポートレートを撮影した関係、本当に色々な人に出会いました。人口6000人以下でスーパーも2件しかない、ホームセンターはなくて金物屋さんが一件。他の町には普通にあるお店やサービスがほとんどないのですが、皆さん何ら不便に感じられていない。むしろ、無いものは工夫して作る精神にあふれていて。そうなんです、皆さんものづくりを日常的にされている。ハイテクであったり、ロウテクであったり様々ですが、とにかく創作意欲にあふれている。これってとても魅力的だな~!と感じました。

ここ神山にオランダでお世話になっていたFablab(デジタルシェア工作工房)みたいな施設があれば、神山らしいものがもっと生まれてくるだろうな~と。そんな工作工房があれば、私も移り住んでお手伝いしたい!そこで、たくさんの方に相談しました。

KMS(神山メイカースペース)の背景と代表を務めるあべさやかの自己紹介 No1.KMS(神山メイカースペース)ってナニ~?何ができ…

KMS(神山メイカースペース)の背景と代表を務めるあべさやかの自己紹介 No1.

KMS(神山メイカースペース)ってナニ~?何ができるの~?あべさんて何の人なん?などなど、KMSはについて沢山の疑問を持たれている方が多く見えると思います。そこで今日はKMSの生い立ち、それから代表を務めさせていただいている私、あべさやかの自己紹介をちょいと失礼します。

私は三重県出身、多摩美術大学で工芸を勉強し、そして美術の発祥の地のヨーロッパで美術がどうなっているのか身を持って勉強するためにオランダという国を選び、美術大学ヘリットリートフェルト、その後文化庁新進芸術家海外研修員としてサンドベルグ大学院にて応用美術修士をとりました。卒業後アーティストとしてオランダ、日本、その他様々な国へ出向き、で聞き取りベースに作品制作、発表それからワークショップ等を行ってきました。こんなことをしています→サイトです。

約12年間の中で、特に面白いと思ったことは、ヨーロッパでのアーティストの立ち位置です。アートも一つの立派な職業で、社会の中での立場や役割がギャラリーや美術館へ飾られるだけでなく、教育、都市計画、人権問題の解決など様々です。そのため色々な職業の方と協働しながら、他の分野では届きにくい部分へヒントやきっかけ作りをします。私もアートや文化を通して、まちづくりのきっかけ作りや人と人の顔が見える関係性の中でアートを生かした仕事をしていきたいと思いました。

そんな中、2013年、神山アーティストインレジデンスへ呼んでいただき、4ヶ月滞在製作しました。旦那の仕事が世界中でドキュメンタリーを撮影、編集する仕事の関係と旅好きな私たちで、また自身のプロジェクトでも世界中のあっちこっち行っているのですが、なぜか神山に惹かれました。

なんでろう?

一人一人がとっても個性的で、なんだかすごく元気。そして色々なことへ興味を持たれている。作品の中で聞き取りやポートレートを撮影した関係、本当に色々な人に出会いました。人口6000人以下でスーパーも2件しかない、ホームセンターはなくて金物屋さんが一件。他の町には普通にあるお店やサービスがほとんどないのですが、皆さん何ら不便に感じられていない。むしろ、無いものは工夫して作る精神にあふれていて。そうなんです、皆さんものづくりを日常的にされている。ハイテクであったり、ロウテクであったり様々ですが、とにかく創作意欲にあふれている。これってとても魅力的だな~!と感じました。

ここ神山にオランダでお世話になっていたFablab(デジタルシェア工作工房)みたいな施設があれば、神山らしいものがもっと生まれてくるだろうな~と。そんな工作工房があれば、私も移り住んでお手伝いしたい!そこで、たくさんの方に相談しました。